ストレスによる髪のダメージとは?? ~2~

2019年02月10日

こんにちは!アシスタント小山です!

前回ののブログに引き続き、

『ストレス』が髪に与える影響をご紹介します!!

A81D0662-2301-4438-A6C9-36DF756A783F

髪のダメージを避けるには自律神経を整える生活を!

髪のダメージの原因がストレスによる自律神経の乱れにある場合には、ストレスを解消することが大切です。
しかし、ストレスを簡単には解消できない場合も多いと思います。
そのため、まずは自律神経を整えてストレスに強い体と良い頭皮環境を作ることがおすすめです。
自律神経が整えられるとストレスへの耐性も向上するといわれているため、地道に改善を目指していきましょう。

自律神経を整えるためには、生活リズムを整えることが重要です。
自律神経は、生活リズムによって交感神経と副交感神経が入れ替わって体の機能を調整しています。
生活リズムが乱れると、交感神経と副交感神経が上手く入れ替われず、自律神経のリズムが乱れてしまいます。
そのため、生活リズムを整えて自律神経の働きをスムーズにしてやることが大切です。

また、ストレスでダメージを受けた頭皮環境を改善することも考えておきましょう。
頭皮環境の改善には、正しいヘアケアが必要となります。
頭皮へのストレスとなる刺激の強い成分のシャンプーや整髪料などを避けて、頭皮に優しい成分が含まれているものを使うようにしましょう。

ストレスは自律神経の働きを乱して、血行不良などで頭皮と髪の毛のダメージを引き起こします。
髪の毛のためには自律神経を整えて、外からのストレスにも注意が必要となります。

髪はストレスで抜け毛や白髪になることがあります

ストレスは自律神経の働きを乱し、頭皮の血行を停滞させることがあります。
血行が悪くなることで十分な栄養が届かなくなって、キューティクルや髪の質にも影響を及ぼします。

ストレスによる自律神経の乱れは髪の環境を悪化させます。

ストレスが脳の負担になることで、内臓や血管の働きが停滞して栄養不足が起こると髪を育てる機能が停滞します。
また、ホルモンバランスも乱れることで、頭皮環境が悪化したり、髪を美しくするホルモンが減ったりすることもあります。

髪のダメージを避けるには自律神経を整える生活を送ります

髪のダメージを避けるには、ストレスに強い体と良い頭皮を作ることが大切です。
ストレスへの対策としては自律神経を整えるために生活リズムを改善し、頭皮のためには正しいヘアケアを行うようにします。

 

みなさんも頭皮のために、正しいヘアケアを心がけてみてください!

コメントを残す

投稿者