美髪豆知識✦④

2019年05月08日

こんにちは!アシスタント小山です(^^)

さて!
巷でよく聞く、「『シリコンシャンプー』は髪に悪影響 」
これって本当にそうなのでしょうか??48C31115-A624-4587-825F-3BFCC32A5471

まず、シリコンシャンプーは、髪や頭皮に悪影響を与えるシリコンを無くすことで頭皮や毛髪のダメージを減らす目的で生み出されたシャンプーです。

シリコンは髪の表面を保護するものですが、
それが頭皮の毛穴につまったり、ヘアカラーやパーマ液の薬剤の化学成分を閉じ込めて、髪の内部に成分が残ってしまう危険性があると言われています。
これが「シリコンの入っているシャンプーが悪い」と言われている理由です!

でも負の側面があることも無視できませんが
シリコンが髪の表面をコーティングし整え保護することによって、
[シャンプー時や洗い上がりの髪にすべりと滑らかさを与えたり頭皮を保湿して保護する]
といったプラスの側面があることも知っておかなければいけません!

果たして本当にシリコンは人体にとって危険なものなのでしょうか?

実は、【シリコンは特に害はない】というのが最近の見解です!

シリコンが頭皮に残って毛穴に詰まり、それが原因で頭皮環境が悪化するなんていうものはただのイメージと言われています。
まずシリコンが頭皮や髪に残ってたりすることはほとんどなく、
通常の洗髪でほとんど流れ落ちます。残ったとしても、シリコンは身体にとって無害でとても安全な物質と言われています。

☆★ ここからが必見!! ☆★

ノンシリコンシャンプーを使うことで
シリコンの保護がなくなり頭皮が傷ついたり乾燥しやすくなったり、髪がきしんで傷みやすくなってしまう危険性が出ます。

ノンシリコンシャンプーは髪をコーティングする力がシリコンシャンプーよりも弱い場合がほとんどなので、熱に弱かったり、摩擦に弱かったりと
カラーやパーマなどでもともと痛んだ髪をプロテクトすることが出来ず、より痛みが酷くなる場合があります。

また、ノンシリコンシャンプーでも洗浄力が強いことには変わらない物も多いので、洗浄力はそのままで、保護してくれるシリコンがなくなったことによって、洗浄力の刺激が頭皮や髪にダイレクトに伝わる可能性もあります。

無理にノンシリコンを選択せず、自分の髪の毛をケアするのに適した商品を選ぶようにしましょう!

以上、アシスタント小山でしたm(_ _)m

コメントを残す

投稿者