美髪豆知識✦㉗

2019年12月23日

あと一週間ちょっとで2019年も終わりますね・・・

ここ数日で、やっと例年のような本格的な寒さになってきました!!

ですが!!

寒くなると私たちに襲い掛かってくる・・・【静電気】

髪の静電気の主な原因は、乾燥と摩擦です。

冬は暖房によって空気が乾燥しやすいだけでなく、
毛布やウールなど静電気を帯びやすい衣類が身近にあるため、より静電気が起こりやすくなります。

物質によってそれぞれプラスorマイナスの電気を帯電しやすいものがあり、
それぞれにプラスとマイナスの静電気を帯電した物質が触れることで電気を送り合います。

人体はプラスの電気を溜めやすいため、
冬場にマイナスの電気を溜めやすい金属やビニールなどに触れて「バチッ」とした刺激を感じることがあるのはこのためです!!

また、水分は物質に溜まった電気を空気中に放電してくれる作用があるため、
極端に言えば濡れた肌や服、髪の状態で「バチッ」と感じることはほぼありません。

では、静電気を逃がすには!??

☆ 室内の湿度を下げる
湿度の低さなど、環境的な問題で静電気が発生しやすくなることがあります。
加湿器をつけたり、濡れタオルを部屋に干すなどして室内を加湿しましょう。
50%〜60%以上の湿度を保つことで、髪で発生した静電気を空気中に放電させ、不快なバチバチを避けることができると言われています。

余談ですが、50%〜60%という湿度はインフルエンザウィルスの感染力を大幅に弱めるのにも効果的です(室温20度の場合)。
どちらも発生は冬場に集中するため、健康面でも室内の湿度を高めておくのが良いでしょう。

☆ 髪の毛自体の湿度を保つ

部屋の湿度と同様に、髪自体にほどよい湿度を持たせることも対策の一つです。効果的なのは洗い流さないトリートメントの使用。
お風呂上がりのタオルドライ時に髪に塗布し、ドライヤーを使用して乾かしましょう!

静電気を防ぐだけでなく髪もまとまりやすくなるので、季節を問わず使用するのがオススメ!
外出時でトリートメントを持っていない場合は、ハンドクリームで代用することもできますよ!!

– つづく –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿者