何で? 『カラーを繰り返してもダメージが少ない人』

2020年02月29日

さてさて!
今回はダメージについて!

白髪を染めたり髪の毛を明るくするなどヘアカラーは欠かせないものです。
オシャレの一部にもなっているヘアカラーですが、髪の毛が傷む要因にもなります。しかし、ヘアカラーを繰り返しても枝毛や切れ毛がない綺麗な髪の毛を保っている人もいます。

何で? 『カラーを繰り返してもダメージが少ない人』_20200221_1

ヘアカラーをすると確実に髪の毛は傷むものです。
髪の毛を明るくする場合にはメラニン色素を溶かしてカラー剤を入れることになり、その際に髪の毛の中にある他の成分も溶かして空洞化が起こり、ヘアカラーを繰り返し行なうと修復不可能な髪の毛になり枝毛などができてしまいます。髪の毛を明るく染める場合には髪の毛の色素は溶かすことになります。

何で? 『カラーを繰り返してもダメージが少ない人』_20200221_2

ヘアカラーを繰り返し行なうと、髪の毛が枝毛や切れ毛などで傷んでしまい、時間が経つにつれて染料が抜けて、染めた時よりも明るくなってしまいます。
市販の薬剤を使って自分で染めることもできますが、実は自分で染めずに美容院で染めることが、傷みを少なく抑える方法なのです。美容院ではカラーリングをする前や後にトリートメントなどを施すので、髪の毛を綺麗に保つことにもつながります。

何で? 『カラーを繰り返してもダメージが少ない人』_20200221_3

生活習慣を見直すことも大切です

ヘアカラーを何度やっても枝毛や切れ毛がない人は、ヘアケア商品でトリートメントを自分でもしっかりと行なっていたり、生活習慣も整っていることが考えられます。
栄養バランスのとれた食事を摂り、良質な睡眠を十分にとること、ストレスをためないように発散させることなどができている可能性があります。
食事や睡眠は髪の毛に影響しない印象もありますが、健康な髪の毛を作るためには頭皮に栄養を血液により届けることが必要で、そのためには栄養バランスのとれた食事や睡眠は大切です。

何で? 『カラーを繰り返してもダメージが少ない人』_20200221_4

色々な原因がありますね\(^o^)/

ぜひぜひご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿者