美髪豆知識✦㊹

2020年03月12日

わたしたち日本人は、昔から「髪の毛にはワカメがいいよ!」といわれていますよね? 果たして「ワカメ」が本当に髪の毛を増やしたりする力をもっているのでしょうか?? 

まず… わたしたちがいつも味噌汁やサラダなどでおいしくいただいている「ワカメ」。

あの深緑色のペラペラした食べ物には一体どんな栄養が含まれているのか、みなさんはご存知ですか??

ワカメには、「ヨウ素」「アルギン酸」「フコイダン」という成分が多く含まれています。 これらの成分は、「髪の成長」と「美しい髪でいる」ために重要なものである。具体的には以下のような役割を果たすものなので、よく知っておくと良いです♪

【ヨウ素】 髪がつくられるために必要な「甲状腺ホルモン」の分泌に必要な成分がヨウ素。 甲状腺ホルモンが多く分泌されることで髪の毛の成長に大切な「毛母細胞」が活発化し、その結果、発毛と育毛によい効果があります。

【アルギン酸】 食物繊維の一種。ワカメのぬるぬるネバネバの正体。 摂取すると、髪の毛に吸着し全体に広がっていき「皮膜(ひまく)」を作ります。 この膜が髪のキューティクルの補修効果があるとされています!

【フコイダン】 こちらも食物繊維の一種。 海の中のワカメは、このフコイダンの効果によって激しい波の流れで傷ついた場所を修復しています。 人の体内に入ると、育毛に大切な「育毛タンパク質」の分泌が増えるのです。

ここまでは「ワカメを食べると髪は増える」派の意見をお伝えしてきましたが、実は「それは迷信だ!」との意見も、以下のように数多く存在します…

・髪の毛の発毛、育毛には「ミネラル」が大切だが、ワカメから摂取できるミネラルはそこまで多くないので髪には行き渡らない=意味がない

・髪の毛はタンパク質でできているから、ワカメは関係ない

・ワカメの色や形のイメージから「髪の毛にいい」と思われているだけで、迷信だ! これは、イメージから「ワカメってなんとなく髪の毛っぽい」ということからみんな信じてしまったのかもしれませんね…

―続-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿者