美髪豆知識✦52

2020年04月03日

皆さん、
「サロンでヘアカラーをして一週間経つとすぐ色が落ちちゃう・・・」
なんて経験、ありますよね??


なぜ色落ちするのでしょう??

– 色が落ちる原因 –
色落ちの原因は洗髪と熱にあります。
シャンプーで洗いすぎたり、コテやヘアアイロンで熱をくわえすぎたりすると色素が分解されて色落ちしてしまうのです。


ヘアカラーが「シャンプー・熱」に弱い理由は、
ヘアカラーとは、髪のメラニン色素を分解して脱色したところに色素を入れること。
そのためシャンプーをすることで洗い流されたり、アイロンなどの熱で色素が壊されたりして色落ちしてしまうのです。

なので、よく「ダメージしていいる毛ほどカラーの色が抜けやすい」と聞くと思いますが、それも元の原因はココにあります。



では!!!!!



普段の生活において少し意識するだけで色落ちを防ぐことができるんです!!
今日からできる簡単なことから次回のカラー時に活かせることまで5つのポイントをご紹介します♪

– 其の1 –
カラーした日と翌日はシャンプーをしない

色素が髪に入るのに24時間かかるため髪は洗わず、体もシャワーで済ませると◎。
どうしても髪を洗う場合は優しく洗って、夏場であればシャワーの温度を下げましょう!

タオルへの色移りが気になる場合は、茶色や黒など暗い色のバスタオルを使うと安心。
念のため枕の上にもひいてぐっすり眠りましょう!!


– 其の2 –
すぐに乾かして「保湿」する

髪が濡れている時はキューティクルが開いているため、そこから染料が出ていってしまうのです。
半乾きは髪の痛みの原因にもなるので、洗い流さないトリートメントで保湿してしっかり髪を乾かしてください☆★

– 其の3 –
カラーシャンプー」を使う

ブリーチをすると発色のいいカラーに染めることができる半面、色落ちしやすいため
カラーシャンプーを使って、ケアをしながら色をキープしましょう!!

髪色によってカラーシャンプーを使い分けると色落ちしたカラーを補正してくれます。


– つづく –

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

投稿者